オンラインスロットゲーム

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

産総研について ニュース アクセス 調達情報 研究成果検索 採用情報 報道・マスコミの方へ メディアライブラリー お問い合わせ   ENGLISH EN 研究相談・研究データ・ 研究ユニット紹介研究者の方へ プロジェクト相談・ 研究依頼・各種協業相談ビジネスの方へ 産総研ってどんなとこ? 科学の扉を開こう!一般の方へ 科学の楽しさ、産総研が 取り組んだ製品や事例のご紹介 ENG 研究者 ビジネス 一般 マガジン   研究者の方へ 研究相談・研究データ・ 研究ユニット紹介 ビジネスの方へ プロジェクト相談・ 研究依頼・各種協業相談 一般の方へ 産総研ってどんなとこ? 科学の扉を開こう! 科学の楽しさ、産総研が取り組んだ製品や事例のご紹介 産総研について ニュース アクセス 調達情報 研究成果検索 採用情報 報道・マスコミの方へ メディアライブラリー お問い合わせ サイトマップ ご利用条件 プライバシーポリシー 個人情報保護 ホーム > ニュース ニュース 2024/03/27 「日油-産総研 スマート・グリーン・ケミカルズ連携研究ラボ」を設立 -化学の力で新しい価値を創出し、豊かで持続可能な社会の実現へ- ポイント 環境に調和した化学品製造プロセスの開発 化学品製造における化石燃料から植物由来への原料転換の推進 脱炭素や生活の豊かさに資する機能性化学品(スマート・グリーン・ケミカルズ)の創出 日油-産総研 スマート・グリーン・ケミカルズ連携研究ラボのコンセプト 概要 日油株式会社(以下「日油」という)と産総研グループ(国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下「産総研」という)、および株式会社AIST Solutions)は、2024年4月1日に、産総研に「日油-産総研 スマート・グリーン・ケミカルズ連携研究ラボ」を設立します。 この連携研究ラボでは、日油と産総研グループの保有する基盤技術やノウハウを融合することで、環境調和型の化学品製造プロセスの開発を進め、脱炭素と生活の豊かさに資する機能性化学品(スマート・グリーン・ケミカルズ)の創出を目指します。これにより、化学の力で新しい価値を継続的に社会へ提供するとともに、サステナブルな化学産業の実現とその発展に貢献します。 写真1 左から:日油 代表取締役社長 沢村 孝司、産総研 理事長 石村 和彦 写真2 左から:日油 常務執行役員(機能材料事業部長) 首藤 健志郎、常務執行役員(研究本部長) 姜 義哲、代表取締役社長 沢村 孝司、代表取締役会長 宮道 建臣、産総研 理事長 石村 和彦、AIST Solutions 代表取締役社長 逢坂 清治、産総研 副理事長 村山 宣光、執行役員(材料・化学領域長) 濱川 聡 背景と狙い 化学産業は日本の経済をけん引する産業の一つであり、これまで多くの付加価値製品を生み出してきました。一方で、鉄鋼業の次に二酸化炭素排出量が多く、脱炭素に向けた一層の取り組みが世界的に求められています。 日油は、「ライフ・ヘルスケア」、「環境・エネルギー」、「電子・情報」などに関わる化学品製造・販売を主力事業とし、環境に配慮した原料やプロセスへの転換を通してサステナビリティへの取り組みを進めてきました。 本連携研究ラボでは、これらのサステナビリティへの取り組みをさらに拡充するために、産総研グループの総合力を投入して両者の強みを融合することで、これまでにない省資源・省エネルギー型の化学品製造プロセスの開発を進め、脱炭素と生活の豊かさに資する機能性化学品(スマート・グリーン・ケミカルズ)の創出を目指します。   連携研究ラボの特徴 今回設立する連携研究ラボは、さまざまな専門分野の研究者が集まり、新しいプロセスや製品に関わる研究開発を多面的に進めます。産総研は、触媒創生技術やDXによる材料開発の高いポテンシャルを持ち、環境調和型の新しい化学品製造法に資する最先端の触媒設計・開発技術や、各種材料の製造プロセスから特性評価までをカバーする国内最大級の材料開発拠点(マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォーム)を有しています。これらの技術と、日油が有する「バイオから宇宙まで」に関わる独自の化学品製造技術を融合することで、オープンイノベーションを推進します。また、両者の人材や技術の有機的な交流を図り、次世代の化学産業を担う高度な技術人材の育成に取り組みます。 これらの取り組みを通じて、脱炭素や生活の豊かさに資するスマート・グリーン・ケミカルズの創出を推進し、持続可能な社会や今後のあるべき化学産業の実現に向けて貢献します。   名称 日油-産総研 スマート・グリーン・ケミカルズ連携研究ラボ 設立日 2024年4月1日 設立場所 産総研 つくばセンター 中央事業所 第5群(茨城県つくば市) 連携研究ラボ長 崔 準哲(産総研 材料・化学領域 触媒化学融合研究センター) 主な研究内容 スマート・グリーン・ケミカルズに関わる新規触媒プロセスの開発   用語解説 連携研究ラボ(冠ラボ) 企業のニーズに、より特化した研究開発を実施するため、その企業を「パートナー企業」と呼び、パートナー企業名を冠した連携研究ラボ(冠ラボ)を産総研内に設置している。パートナー企業は研究者・研究資金などを、産総研は研究者・研究設備・知的財産などの研究資源を提供し、パートナー企業からの出向研究者と産総研からの研究者が共同で研究開発に取り組んでいる。[参照元へ戻る] スマート・グリーン・ケミカルズ 従来法に比べてより省資源・省エネルギーな化学あるいはバイオプロセスによって製造される化学品、あるいは化石燃料ではなく植物由来の原料から製造される化学品のこと。[参照元へ戻る] マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォーム 内閣府の「マテリアル革新力強化戦略」(2023年4月)に基づき、産総研内に設置された三つの材料開発拠点(先進触媒:茨城県つくば市、セラミックス・合金:愛知県名古屋市、有機・バイオ材料:広島県東広島市)。[参照元へ戻る]   本件問い合わせ先 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 ブランディング・広報部 報道室 E-mail:hodo-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。) ニュース一覧へ 産総研について アクセス 調達情報 研究成果検索 採用情報 報道・マスコミの方へ メディアライブラリー お問い合わせ English ニュース お知らせ一覧 研究成果一覧 イベント一覧 受賞一覧 研究者の方へ はじめての方へ 研究成果検索 研究情報データベース お問い合わせ 採用情報 ビジネスの方へ はじめての方へ 研究成果検索 事例紹介 協業・提携のご案内 お問い合わせ AIST Solutions 一般の方へ はじめての方へ イベント情報 スペシャルコンテンツ 採用情報 お問い合わせ 記事検索 産総研マガジンとは 公式SNS @AIST_JP 産総研チャンネル 公式SNS @AIST_JP 産総研 チャンネル サイトマップ このサイトについて プライバシーポリシー 個人情報保護の推進 国立研究開発法人産業技術総合研究所 Copyright © National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) (Japan Corporate Number 7010005005425). All rights reserved.

バカラ : Baccarat ブックオブ99 zedrun アストンヴィラチェルシー
Copyright ©オンラインスロットゲーム The Paper All rights reserved.